会社沿革 | 昭和電工建材株式会社

安全・安心・快適な住環境と社会環境、地球環境づくりに貢献します。

昭和電工建材(株) 昭和電工(株)建材事業
1971   「モルマスター」(旧メルメント、セメント混和剤)を西ドイツより輸入、販売開始
1973   「ハイモル」(プレミックスモルタル)を世界で初めて開発し、製造、販売開始。「ハイモルエマルジョン」を製造・販売開始
1974   「モルマスター」を国産化
1975   「セレシット」(防水剤)を西ドイツより輸入、販売開始
1977 昭和電工(株)の出資により会社設立(資本金4億円)  
1978 石岡工場開業、「ラムダ」(セメント中空押出成型板)の製造、販売開始  
1981   「ケイプラパイプ」(耐火二層管)を製造、販売開始
1983 住宅ビル建築事業に進出。川崎研究室開設 「セレシット」を国産化
1985   「ケイプラパイプ」の製造を鹿瀬電工(株)[現新潟昭和(株)]に移管する
1986   換気用耐火二層管「ケイプラパイプ」の製造販売開始
1988 石岡研究所開設  
1990 資本金25億円に増資。石岡第二工場(ラムダ50/60製造設備)竣工  
1991 ラムダ50/60製造、販売開始  
1993   給水給湯システム・ショウワサヤ管ヘッダー工法「ペプラパイプ」の販売開始

昭和電工建材

1995 [外壁材]「ラムダ化粧パネル」シリーズを製造、販売開始
[左官・防水材] 下水道事業団防蝕被覆指針に沿った防蝕被覆工法「ショウゼット」シリーズ製造、販売開始
1996 [外壁材]「ラムダワイドパネル」を製造、販売開始
1997 [左官・防水材]高性能モルタル「タイトメント」シリーズの販売開始
2002 [外壁材]「ラムダブリック」シリーズの販売開始
2009  本社移転:港区浜松町から神奈川区恵比須町に移転
2014 [外壁材]新しいラムダμシリーズ 18mmの製造・販売開始