昭和電工建材株式会社 建設資材営業部


ハイモルスーパーシリーズ

断面修復用ポリマーセメントモルタル
高強度コンクリート構造物 欠損部補修
粉末樹脂入り(カチオン系)プレミックスモルタル

標準施工面積・荷姿

カチモルハード

荷姿 適用部位 適用仕上げ 標準調合 厚塗 標準施工面積 練り上がり量
20kg
防湿紙袋
コンクリート欠損部
モルタル欠損部
仕上げ塗り材
陶磁器質tile
塗り床 等
清水 約3.2L 5〜60mm 約0.55m²
(20mm厚)
約11L/袋

専用プライマー

品名 荷姿 標準使用料 標準施工面積
ハイモル®エマルジョン 4kg/缶 約0.1kg/m²
※5倍液
約200m²
18kg/缶 約900m²


施工方法

下地処理

下地面のレイタンス、脆弱層、油分、汚れ等を、ワイヤブラシ、サンダー掛け等で適切に除去してください。
鉄筋が露出して発錆している場合は、ワイヤブラシ、研摩紙等で除去し、防錆処理をしてください。

プライマー塗布(吸水調整材)

下地乾燥後、必ずプライマーとしてハイモル エマルジョン5倍液を刷毛でむらなく塗布してください。

混練

混練水比
カチモルハード20kg袋に対し約3.2 の水を加え、ハンドミキサー等で泡の巻き込みや固まりができないように3分以上混練してください。
禁止:
  • 強度低下の原因となりますので、標準調合を厳守してください。
  • 加水後の材料は、夏季40分以内、冬季60分以内に使い切り、練り足し、水を加えての練り戻しは避けてください。

塗り付け

下地に対し鏝圧を十分にかけ、厚さ「2〜3mm」程度でガリッと摺り込むように塗り付けた後、所定の厚さになるように塗り付けてください。
塗厚の目安は、1日あたり30mmを限度として1回あたり5〜10mmの間で塗り重ねてください。
注意:
  • 塗厚30mmを越える場合には、2日以上に分けて塗り付けてください。その際の工程間隔は、夏季1日以上、冬季3日以上を目安としてください。
  • 壁で深さ60mm以上あるいは0.3m²以上、または上げ裏施工の場合には、ステンレスアンカーピン、ステンレス線を併用してください。
  • 用途につきましてご不明な点がございましたら、施工前に必ず当社へご相談ください。

養生

仕上げ材施工までの養生期間は、7日(冬季 10日)以上としてください。
通風や日射による早期乾燥を防止するため、必要に応じてシート養生、散水養生を行ってください。
注意:
  • 施工後、降雨、降雪のおそれがある場合は、強度不足、白華(エフロ)の原因となりますので、シート掛け等を行ってください。

施工上の注意事項

●気温が5℃以下の時は施工を中止するか、適切な保温、採暖を行ってください。
●現場にて砂、セメント等を追加混入することは絶対に避けてください。
●雨露のかからない湿気の少ない所に保管し、地面に直接放置しないでください。
●購入された製品は製造年月日を確認し、3ヶ月以内に使用しきってください。


性能試験結果

試験項目 試験結果 日本建築学会1997年「断面修復用
ポリマーセメントモルタル」の品質基準(案)
単位容積質量(kg/L) 2.1 -
曲げ強さ(N/mm²) 12.1 6.0 以上
圧縮強さ(N/mm²) 材齢 7日 45.0 -
材齢 28日 59.6 20.0 以上
付着強さ(N/mm²) 標準養生 2.5 1.0 以上
温冷繰り返し後 2.2 1.0 以上
吸水量(g) 8.5 20.0 以下
透水量(ml/hr) 0.3 0.5 以下
長さ変化(%) 0.098 0.15 以下
試験場所 : 財団法人 ベターリビング
試験方法 : 日本建築学会1997年「鉄筋コンクリート造建築物の耐久性調査・診断および補修指針(案)・解説」の付 1.1 断面修復用ポリマーセメントモルタルの品質基準(案)による。
※記載の数値は標準値であり、保証値ではありません。


Copyright (c)昭和電工建材株式会社 All rights reserved.